YouTube Channel

ディグリーネームとは?コードを暗記不要にする魔法の数字!

ディグリーネーム-アイキャッチ

 

こんにちは、ナミヅクリです。

皆さんはコードを数字で表記できること、ご存知ですか?

それがディグリーネームと呼ばれるもの。

本来莫大な数のコードを、暗記せずとも対応可能にしてくれる。

そんな魔法のような、
ディグリーネームについて、お伝えしていきます。

 

ナミヅクリ

コードを数字で捉えるだけ!

音名表記-アイキャッチ

音名の言語別表記と、その使い分けをまとめてみた。

ディグリーネームとは

luck-1

ディグリーネームについて、メリットと共に、お伝えしていきます。

ディグリーネーム=コードの度数表記

コードの表記というと、
「CMaj7」などといった、アルファベット表記が主流ですよね。

これは音名の表記に由来しています。

 

これを数字で表してしまおう!というのがディグリーネームです。

例えば「ⅣMaj7」などがそうですね、見た事がある方も多いはず。

 

これはローマ数字で、度数を表しています。
度数に関してよくわからない方は、サクッと読んできてくださいね。

音程-アイキャッチ

音程・インターバルとは?全種類と表記をまとめてみた。

 

本来であればキーが変わるごとに、覚えなければいけなかったコードネーム。

しかし、コードの種類自体は限られており、
変わるのは音名を示すアルファベット部分だけなのです。

コードネーム-アイキャッチ

コードネームの仕組みとコードトーンを一瞬で割り出す方法!

 

そこを数字にしてしまえば、
いくらでも後で応用が利くのではないか、という、代数的なものなんですね。

 

ナミヅクリ

ディグリーネームに慣れると、本当に便利なんですよ〜

 

ここまでのまとめ
  • ディグリーネーム=度数表記
  • 数字に置き換える事で代入可能に
  • 覚えることが減りとにかく便利

 

ディグリーネーム一覧

ディグリーネームの一覧をご紹介します、
といっても、数字に置き換えるだけなのです。

ダイアトニックコード-表

以前ご紹介した、Cメジャーキーでのダイアトニックコードです。

 

これをディグリーネームで表記すると、

「ⅠMaj7」「Ⅱm7」「Ⅲm7」「ⅣMaj7」「Ⅴ7」「Ⅵm7」「Ⅶm7(-5)」

 

見ての通り、アルファベットの部分はそのままに、
それ以外の音名がローマ数字に置き換わっているかと思います。

 

これはそれぞれ、
スケールで最初の音から「1」「2」と振って行っただけですので、

特段難しいことはありません。

 

それがローマ数字に置き換わっているだけ、という話ですね。

しかしこれによってもたらされるメリットは絶大!
最後にそれをお伝えしていきます。

 

ナミヅクリ

棒一本( Ⅰ )が1で、Ⅴが5です。

Ⅴより左に棒がつくと-1、右につくとその分+1って仕組みです〜

 

ここまでのまとめ
  • スケール順で番号を振るだけ
  • 音名部分はそのままでOK
  • Ⅴを基準にすれば簡単に読める

 

覚えるメリット

最後にメリットをお伝えしていくのですが、非常に単純明快です。

キーが変わった時、即対応可能、というのが最大のメリットです。

 

例えば、
CメジャーキーだったものをG♭キーに変えといて!

なんて局面で、いちいちコードを書き換える暇なんてありませんよね。

 

しかし、もし「Dm7」を「Ⅱm7」と書いていたら。

一目見ただけで二度だと分かるので、
即座に「A♭m7だ!」と翻訳していくことが可能になるのです!

 

また、プロの楽曲をアナリーゼする際、
固定の音名で覚えていては、自分の曲でいかしずらくなります。

キーを合わせなくてはいけないので、単純に手間なのですね。

 

しかし、ディグリーでアナリーゼしていれば、
自分の作るキーによらず、対応させることが可能になるのです!

 

ナミヅクリ

コード進行やコードの種類は、キーを統一するとそんなに多くありません。
数字によって統一できるディグリーは、非常に合理的なのです!

 

最後に

 

まとめ
  • ディグリーは度数表記
  • 音名をローマ数字で統一
  • アナリーゼ・キー変更でも大活躍

読破お疲れ様でした〜。

ディグリーネームの有用性が少しでも伝わったらなと思います。

 

できる限り効率的に覚えた方が、
勉強の負担も少ないので、是非ディグリーネームを取り入れてみてくださいね!

 

ナミヅクリ

効率化の必須ツール!

ダイアトニックコード-アイキャッチ

ダイアトニックコードとは?解説と暗記不要の覚え方!

 

以上、ナミヅクリがお送りしました。
また次回の記事まで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください